買いからも売りからも入ることFX!

FXは、外国の通貨を売買することで利益を得る投資方法です。

安い時に買い、高い時に売るのが基本的な取引方法です。

エキサイトニュースに関する良い情報をご紹介するサイトです。

しかし、FXの大きな特徴は、売りから入ることができる点です。



これは、今後安くなりそうな気配があると、まず売りを入れ、実際に安くなると買い戻すというやり方です。
具体的には、1米ドルが120円の時に、「これ以上上がるはずがない」と感じたとします。



しかし、レートが下がるまで待って購入する必要はなく、120円の時点で売り注文を出すことができます。


そして、100円あたりになってから買いで決済することで、20円の儲けが得られることになります。


売り注文から始められるのはFXならではで、証券取り引きでは買い注文からだけとなっています。
それだけに、FXは継続的に売買をすることができて、儲けを得るチャンスも多くなるのです。その結果、デイトレーダーを専門にして、FXで日々利益を確定している人も存在します。
為替レートは常に流動しているため、その細かい動きの中でチャンスを掴むのがポイントです。
買い注文だけにこだわらず、売り注文からも入るコツさえつかめば、どんな流れであっても利益を得られるようになります。

ただ、金利の高い国の買い注文を持っているとスワップ金利でも儲けがでます。

しかし、売り注文を持っていると、スワップ金利を支払う側になることが忘れてはいけません。
長期間保持していると、かなりの高額になる場合があるので、考慮する必要があるでしょう。